佐藤一斎について

  • 佐藤一斎とは
  • 家譜
  • 学脈と門人たち
  • 略年譜
  • 主な著作物

佐藤一斎とは

佐藤一斎翁座像(岩村藩 藩主邸 跡)安永元(1772)年10月20日岩村藩の家老佐藤信由(のぶより)の二男として、江戸浜町の下屋敷(現東京都中央区日本橋浜町)で生まれた。田沼意次(おきつぐ)が家老となって実権を握り、田沼時代が始まった年である。
名は坦(たいら:たん)、字は大道(たいどう)、号は一斎。他の号に愛日楼(あいじつろう)、老吾軒、江都などがある。初名は信行、通称は捨蔵。幼くして読書を好み、水練・射騎・刀槍などに優れ、小笠原流礼法を身につけていた。
34歳で朱子学の宗家林家(りんけ)の塾長となり、大学頭(だいがくのかみ)林述斎(じゅっさい)(岩村藩主松平乗蘊(のりもり)の三男)とコンビを組み、多くの門下生の指導に当たった。
55歳のとき、岩村藩主となった松平乗美(のりよし)の老臣に加えられ、「重職心得箇条」「御心得向存意」を著し藩政に尽力した。天保12(1841)年、述斎が74歳で没したため、70歳で幕府の学問所 昌平黌(しょうへいこう)の儒官(総長)を命じられた。安政元(1854)年83歳のとき、日米和親条約締結に際し、時の大学頭林復斎(ふくさい:述斎の六男)を助け外交文書の作成などに尽力した。安政6(1859)年9月24日 昌平黌の官舎で没(88歳)。正に安政の大獄で揺れる最中、明治維新まであと9年という激動の時代であった。門下生には、佐久間象山、山田方谷、渡辺崋山などがいる。一斎の教えが、幕末から明治維新にかけ新しい日本をつくって行った指導者たちに多大な影響を与えたと言われている。

家譜

家譜

  • 拡大

学脈と門人たち

学脈と門人たち

  • 拡大

略年譜

西 暦 元 号 一 斎 年 譜 岩村藩の動き 日本の動き 世界の動き
1772 安永元

10月20日
卯の刻―
午前6時頃
岩村藩の家老佐藤信由の二男として江戸浜町(現東京都中央区人形町一丁目あたり)の岩村藩邸に生まれる。
初名は信行、通称は幾久蔵、字名は大道、一斎は号、他に愛日楼、老吾軒、江都などの号がある
藩主乗蘊(3代)(1746~1782)
飛騨大原騒動に岩村藩出兵
10代将軍徳川家治のとき、田沼意次が老中になる オーストリア、プロシア、ロシアがポーランドを分割
1775 安永4 4歳 (米)独立戦争(~83)
1776 安永5 5歳 (米)独立宣言
1782 天明元 10歳 藩主乗保(4代)
(~1826)
天明の大飢饉(~87)
1786 天明6 15歳 藩内大飢饉となり物価高騰 家治卒(50歳)
1787 天明7 16歳 家老佐藤文永致仕 家斉11代将軍宣下(15歳)
松平定信老中になり、寛政の改革が始まる(~93)
1789 寛政元
(天明9)
18歳「古文孝経解意補義」(生涯最初の著作)成る (米)ワシントンが初代大統領となる
(仏)フランス革命が起こり、人権宣言を発表する
1790 寛政2 19歳 出仕。第4代岩村藩主松平乗保の近侍となる。
井上四明や鷹見星皐に学ぶ。
5月「寛政異学の禁」を出す(湯島聖堂での朱子学以外の異学を禁じる)
1791 寛政3 20歳 致仕
1792 寛政4 21歳 信行を坦、通称の幾久蔵を捨蔵と改める。藩主の公子松平衡(後の林述斎)に勧められ大坂で中井竹山に師事 ラックスマン(露)が根室に来航
1793 寛政5
(2月)
22歳
2月 林簡順(信敬)に入門
4月 信敬歿
松平乗衡が林家の養子となり、第8代大学頭になる
(林述斎:26歳)
定信老中辞職(致仕)
1797 寛政9 26歳 結婚
父 文永の古希の祝い
(寄書き「名流清奇」)
1800 寛政12 29歳 平戸藩主松浦静山の懇請により長崎へ赴く 昌平坂学問所なる伊能忠敬、蝦夷地の測量へ向かう
1804 文化元 33歳 妻栞(30歳)没 レザノフ(露)長崎に来航 (仏)ナポレオンが皇帝になる
1805 文化2 34歳 林家の塾長となる(大学頭林述斎とコンビを組む)
1810 文化7 39歳 松平乗保 大坂城代から西の丸老中に栄進
1811 文化8 40歳
『捗蟯オ(ちょくこ)日録』作
1813 文化10 42歳 「言志録」着手
1814 文化11 43歳 父 文永(87歳)歿 伊能忠敬沿海測量 ウイーン会議(~15)
1816 文化13 45歳 母 留(77歳)歿
1821 文政4
(8月下旬)
50歳 先祖の墓や遺跡を上有知(現美濃市)、藤樹書院、京都などに訪ね、帰途岩村に立ち寄り、姉と面会。天瀑山に登り「天瀑山に登るの詩」を賦す
1824 文政7 53歳 「言志録」刊行 (文政8)
異国船打払令
1826 文政9 55歳 岩村藩老臣の列に加えられる。「重職心得箇条」
「御心得向存意」を著す。
『岩村神主祭式調査書』を著す。
松平乗美第5代藩主となる(~1842)
丹羽瀬清佐衛門家老となり、藩政改革に着手
1828 文政11 57歳「言志後録」に着手 橋本祐三郎死罪(文政10) 西郷隆盛生誕(文政10)
1830 文政13
(天保元)
59歳「愛日楼文詩」「言志録」を伊勢神宮(宮崎文庫)へ奉納 (仏)七月革命
1832 天保3 61歳『初学課業次第』著す 天保の大飢饉始まる 頼山陽(53歳)歿
1833 天保4 62歳 河田廸斎を学問上の継子に迎える
(八女の紳を娶らす)
『易學啓蒙蘭外書』成る
1834 天保5 63歳 江戸の岩村藩邸類焼
1836 天保7 65歳 岩村藩内飢饉 農民騒動
1837 天保8 66歳 林述斎の古希を祝う 天保改革失敗
丹羽瀬清左衛門失脚
大塩平八郎の乱(2月)徳川家斉将 軍職を辞す(大御所 時代の始まり)徳川家慶12代将軍となる
1838 天保9 67歳「言志後録」脱稿、「言志晩録」着手
1839 天保10 68歳『近思録欄外書』成る 「蛮社の獄」おこる
1840 天保11 69歳『呉子副詮』成る
『俗簡焚餘』作
アヘン戦争(~42)
1842 天保13 71歳 12代将軍家慶に易経を講義(4月)
『孫子副詮』成る
「愛日楼文詩」「言志録」などを将軍に奉る(9月)
1844 弘化元 73歳 西郷(18歳)
郡方書役助となる(27歳まで、薩摩藩の農政に従事)
1849 嘉永2 78歳 「言志晩録」脱稿
1850 嘉永3 79歳「言志後録」、「言志晩録」を刊行 (独)プロシア憲法制定
1851 嘉永4 80歳 「言志耋録」着手 西郷(25歳)
島津斉彬、薩摩藩主となる
1852 嘉永5 81歳 妻 庸(74歳)歿
1853 嘉永6 82歳 ペリー(米)の来航に合わせ、国交文書を作成
「言志耋録」脱稿
ペリー(米)が浦賀に来る(6月)
12代将軍 家慶卒(6月)
徳川家定13代将軍となる(11月)
1854 嘉永7 83歳 「言志耋録」を刊行 平尾鉐(後の下田歌子)誕生 日米和親条約を結ぶ
1854 嘉永7 84歳 国交庶務の功により幕府より表彰 江戸大地震
(藤田東湖被災死亡)
1856 安政3 85歳 藩主乗命(7代)(~1869) 篤姫 正室として大奥入り section-04-td215
1858 安政5 87歳 北海道の領有権を主張する為、幕命により函館焼を始める 井伊直弼が大老になる
13代将軍家定・島津斉彬歿(7月)
徳川家茂14代将軍となる(10月)
日米修好通商条約を結ぶ
篤姫 落飾し「天璋院」と名乗る
隆盛(32歳)月照と共に錦江湾に身を投げる(11月)
イギリスがインドを植民地にする
1859 安政6
9月24日
10月3日
88歳 昌平黌の官舎で歿
深廣寺(東京・港区六本木)に葬られる。
釈号は「惟一院成譽大道居士」河田迪斎54歳歿(1月)
平尾信享が上林清泉と連携し勤皇論を推進。幽閉される。
藩校「知新館」焼失の為、殿町へ新築移転
横浜、長崎、新潟開港
安政の大獄(吉田松陰ら処刑)
隆盛(33歳)奄美大島へ遠島(~1862.1.14)
サルジニアによるイタリア統一戦争始まる
1860 万延元 三好学誕生
(1861:文久元)
桜田門外の変 (米)リンカーン大統領となる
1862 文久2 隆盛(36歳)徳之島へ配流(6月)(72日間)
沖永良部島へ収容(8月)
1864 元治元 隆盛(38歳)2月鹿児島帰着
1866 慶応2 隆盛(40歳)
薩長同盟締結
1867 慶応3 再び勤皇論を唱え、知新館儒員を蟄居 大政を奉還し、江戸幕府が滅びる (米)アラスカを購入
1868 慶応4
(明治元)
隆盛(42歳)勝海舟と会見し江戸無血開城(4.11)
江戸を東京とする
1873
1874
明治6
明治7
(隆盛:私学校開校)
「言志録」講義
隆盛(47歳)
「征韓論」に敗れる
1877 明治10 隆盛(51歳)
「西南の役」勃発。
自刃(9月24日)
1888 明治21 秋月種樹(たねたつ)が「南洲手抄言志録」を出版
(明治17・18年頃、秋月種樹が西郷の叔父・椎原国幹の家で発見したといわれる)

主な著作物

言志四録

詳細はこちら

塾規三条

立志
諸友(しょゆう)学問心掛られ候趣意は、第一倫理(りんり)を弁(わきま)え、君子に成(なる)べきためにて候。ここに志なき輩(はい)は仮令(たとい)万巻(まんがん)の書を読破候ても、学問心掛候とは申がたく候。曲芸小技(きょくげいしょうぎ)に至るまで、志なくして成就(じょうじゅ)する事あたわず候。況(まし)て倫理大学門ウカト出来候義決して無之(これなき)候。其志さえ立候えば、書籍読み候事も、此志の内にこれあり候。誠に入学第一の義にて、かりそめに思われ間敷(まじく)候事。
励行
学者日用の間、逢う所触るる所、朝昼暮夜(あさひるくれよる)行いを離れ候事これなく候。兎につき角につき能く誠実に心を尽し、軽薄浮躁(けいはくふそう)の態なき様次に心掛らるべき事に候。朋友会合の際は言語の上尤(もっと)も緊要にて候。朋友は互いに益を求め仁を輔(たす)くる為に候。然るに無益の雑話に時を費やさば、益なくして損あるべし。雑話の上より自然と不遜にもなり、争論を起す事にも及び候。箇様(かよう)の義一切(いっさい)無之(これなき)様に心掛られべく候。且つ小者は長者を敬し、長者は小者を愛すべし。仮令(たとい)少者たりとも業の勝れたるものは、業の先輩なれば、不敬なき様に相談あるべし。先輩たる者も其長を挟(さしはさ)み、後進(こうしん)を軽侮(けいぶ)すれば、やはり長者の徳なきゆえに、後輩にかわる事これあるまじき候。大抵朋友の義は兄弟に等し。其親愛の心より切磋あるべく候事。
遊芸
文学の事は、経説(けいせつ)たりとも芸に属すべし。学問中の一事にて候。厳に過程を立て、其間に優遊涵泳(ゆうゆうかんえい)すべき事尤(もっと)もに候。もし実行なくして読書作文のみに流れ候ては、何程経説に委(くわ)しく、諸子百家に渉(わた)り、詩文を巧(たく)みに致し候ても、技芸にかわる事これなく候。書籍を離れ候ては其余常人に等しかるべし。却って世人より譏(そしり)を招く事数多(あまた)これあり候。然(さ)れば実行ありての読書にて候。凡そ先輩に疑を質(ただ)す。生きたる書を読むに同じ。書を読む事は、死したる先輩より訓(おしえ)を受くる也。されば経義を講明(こうめい)するに当りては、先輩老人に対し、まのあたり質義する心に成り、己(おのれ)を虚(むなし)くし其語を身に引当てて沈潜(ちんせん)すべし。軽率躁妄(けいそつそうもう)なるべからず。能くかくの如くなれば、読書も亦実行の一にて候。以上。
三条の約、諸友ともに確守いたすべく候。背馳(はいち)これなきように心掛られ尤(もっとも)に候事。

重職心得箇条

第一条
重職と申すは、家国の大事を取計べき職にして、此重の字を取失い、軽々しきはあしく候。大事に油断ありては、其職を得ずと申すべく候。先づ挙動言語より重厚にいたし、威厳を養うべし。
重職は君に代わるべき大臣なれば、大臣重うして百事挙ぐるべく、物を鎮定する所ありて、人心をしつむべし、斯の如くにして重職の名に叶うべし。又小事に区々たれば、大事に手抜あるもの、瑣末を省く時は、自然と大事抜目あるべからず。斯の如くして大臣の名に叶うべし。凡そ政治名を正すより始まる。今先づ重職大臣の名を正すを本始となすのみ。
第二条
大臣の心得は、先づ諸有司の了簡を尽さしめて、是を公平に裁決する所其職なるべし。
もし有司の了簡より一層能き了簡有りとも、さして害無き事は、有司の議を用いるにしかず。
有司を引立て、気乗り能き様に駆使する事、要務にて候。又些少の過失に目つきて、人を容れ用る事ならねば、取るべき人は一人も無之様になるべし。功を以て過を補はしむる事可也。又賢才と云う程のものは無くても、其藩だけの相応のものは有るべし。人々に択り嫌いなく、愛憎の私心を去て、用ゆべし。自分流儀のものを取計るは、水へ水をさす類にて、塩梅を調和するに非ず。平生嫌いな人を能く用ると云う事こそ手際なり、此工夫あるべし。
第三条
家々に祖先の法あり、取失うべからず。又仕来仕癖の習あり、是は時に従て変易あるべし。
兎角目の付け方間違うて、家法を古式と心得て除け置き、仕来仕癖を家法家格などと心得て守株(しゅしゅ)せり。時世に連れて動すべきを動かさざれば、大勢立たぬものな
第四条
先格古例に二つあり、家法の例格あり、仕癖の例格あり、先づ今此事を処するに、斯様斯様あるべしと自案を付、時宜を考えて然る後例格を検し、今日に引合すべし。
仕癖の例格にても、其通りにて能き事は其通りにし、時宜に叶わざる事は拘泥(こうでい)すべからず。自案と云うもの無しに、先づ例格より入るは、当今役人の通病なり。
第五条
応機と云う事あり肝要也。物事何によらず後の機は前に見ゆるもの也。其機の動きを察して、是に従うべし。物に拘りたる時は、後に及んでとんと行き支えて難渋あるものなり。
第六条
公平を失うては、善き事も行なわれず。凡そ物事の内に入ては、大体の中すみ見えず、姑(しばら)く引除て活眼にて惣体の体面を視て中を取るべし。
第七条
衆人の厭服する所を心掛べし、無利押付の事あるべからず。苛察を威厳と認め、又好む所に私するは皆少量の病なり。
第八条
重職たるもの、勤向繁多と云う口上は恥べき事なり。仮令(たとえ)世話敷とも世話敷とは云わぬが能きなり。随分手のすき、心に有余あるに非れば、大事に心付かぬもの也。重職小事を自らし、諸役に任使する事能わざる故に、諸役自然ともたれる所ありて、重職多事になる勢あり。
第九条
刑賞与奪の権は、人主のものにして、大臣是を預るべきなり、倒に有司に授くべからず、斯の如き大事に至ては、厳敷透間あるべからず。
第十条
政事は大小軽重の弁を失うべからず。緩急先後の序を誤るべからず。徐緩にても失し、火急にても過つ也、着眼を高くし、惣体を見廻し、両三年四五年乃至十年の内何々と、意中に成算を立て、手順を逐て施行すべし。
第十一条
胸中を豁大寛広にすべし。僅少の事を大造に心得て、狭迫なる振舞あるべからず。
仮令才ありても其用を果さず。人を容る丶気象と物を蓄る器量こそ誠に大臣の体と云うべし。
第十二条
大臣たるもの胸中に定見ありて、見込みたる事を貫き通すべき元より也。然れども又虚懐公平にし人言を採り、沛然と一時に転化すべき事もあり。此虚懐転化なきは我意の弊を免れがたし。能々視察あるべし。
第十三条
政事に抑揚の勢を取る事あり。有司上下に釣合を持事あり。能々弁うべし。此所手に入て信を以て貫き義を以て裁する時は、成し難き事はなかるべし。
第十四条
政事と云えば、拵(こしら)え事繕い事をする様にのみなるなり。何事も自然の顕れたるままにて参るを実政と云うべし。役人の仕組事皆虚政也。
老臣なと此風を始むべからず。大抵常事は成べきだけは簡単にすべし。手数を省く事肝要なり。
第十五条
風儀は上より起こるもの也。人を猜疑し、蔭事を発(あば)き、たとえば、誰に表向き斯様に申せ共、内心は斯様なりなどと、掘出す習いは甚あしし。上に此風あらば、下必其習となりて、人心に癖を持つ。上下とも表裡両般の心ありて納めにくし。何分此むつかしみを去り、其事の顕れたるままに公平の計いにし、其風へ挽回したきもの也。
第十六条
物事を隠す風儀甚あしし。機事は密なるべけれども、打出して能き事迄もつつみ隠す時は却て、衆人に探る心を持たせる様になるもの也。
第十七条
人君の初政は、年に春のある如きものなり。先人心を一新して、発揚歓欣の所を持たしむべし。刑賞に至ても明白なるべし。財帑(ざいど)窮迫の処より、徒に剥落厳沍(はくらくげんご)の令のみにては、終始行立ぬ事となるべし。此手心にて取扱あり度ものなり。

その他の著書

  • (4) 詩文集「愛日楼文詩」
  • (5) 愛日楼稿本
  • (6) 俗簡焚餘
  • (7) 初学課業次第
  • (8) 白鹿洞書院掲示問
  • (9) 哀敬編
  • (10) 心得録
  • (11) 発音発
  • (12) 僑居日記
  • (13) 陟コ日録
  • (14) 愛日楼題替撮録
  • (15) 陳荘窩詩鈔
  • (16) 一斎甲稿鈔
  • (17) 論語欄外書
  • (18) 孟子欄外書
  • (19) 中庸欄外書
  • (20) 大学欄外書
  • (21) 近思録欄外書
  • (22) 伝習録欄外書
  • (23) 孝経解意補義
  • (24) 周易進講手記
  • (25) 九卦広義
  • (26) 小学欄外書
  • (27) 呉子副詮
  • (28) 周易欄外書
  • (29) 易学啓蒙欄外書
  • (30) 孫子副詮
  • (31) 腹暦